チャラ(王)

Posted by 桎梏斎GG at 23:21 2017年10月26日



チャラ。長年この近辺をうろついていた中年のオス猫。イチゴより数ヶ月前に、近所の別の地域猫サポーターさんの世話で去勢手術を受けて地域猫として再デビュー。
本拠地は持たずにいたが、私がイチゴを地域猫として面倒を見ようと覚悟を決め、イチゴを餌付けして捕獲して避妊手術する過程で、いつの間にか餌場のヌシのような顔をして居座っていた…。
飼い猫だった過去があるようで、汚庭での給餌後は玄関先に出て来て私の目の前に横たわり、触ってくれと甘え鳴きしたりするほど、人馴れしている。



人への警戒心が強いイチゴと、逆に緊張感のカケラもない(と当初は思えた)チャラの世話が、私の地域猫サポーター修行のはじまりだった。







同じカテゴリー(地域猫)の記事画像
謎の、子猫。とイチゴ…。
謎の、子猫。その3
謎の、子猫。その2
謎の、子猫。
イチゴ(姫)
イチゴ(姫)
同じカテゴリー(地域猫)の記事
 謎の、子猫。とイチゴ…。 (2017-11-21 21:12)
 謎の、子猫。その3 (2017-11-08 02:04)
 謎の、子猫。その2 (2017-11-05 21:23)
 謎の、子猫。 (2017-10-29 00:08)
 イチゴ(姫) (2017-10-23 20:32)
 イチゴ(姫) (2017-10-23 20:27)

この記事へのコメント
愛想が良すぎて軽薄な猫、ちぅのがチャラの第一印象で、あまり良いものではなかった。が、イチゴがチャラを大好きなのは明らかで、チャラもイチゴをかわいがって二匹仲睦まじくすごしているのが、ワシは妬ましかったのぢゃろう…。

ぢゃってよね、ワシが毎朝夕餌をやっちょるのによね、イチゴはコワイ顔してシャーシャー鳴いてワシを餌場から一刻も早く追い払おうとするのが、数週間続いてみてんなぃ、誰ぢゃってチャラに八つ当たりしとぅなるはずやじ。しかもよね、食後チャラのリクエストに応えて撫でてやってる間中、イチゴからキツい目付きでにらまれちょってんなぃ、てげたまらん、じ…、のさん、じ…。
Posted by 桎梏斎GG桎梏斎GG at 2017年10月27日 00:02
しばらく前、台風の風雨が激しく降り込むようになっても玄関先の無防備な休憩スペースから動こうとしなかったチャラとイチゴを、マタタビを使って汚庭の奥の頑丈なプラ製犬小屋シェルターに誘導するのに成功して以来、二匹は、天候に応じて玄関先の休憩スペースと家の東側のシェルターと犬小屋シェルターとを、使い分けているようになっていた。

だが、現在、犬小屋シェルターは、10月初め頃突如として現れた子猫が日常的に過ごしたりしている痕跡がある。空間的には三匹の猫が入れる余裕があり、給餌時に子猫が追い払われるようなことは観察していないが、実際に三匹揃って犬小屋シェルターに入って台風22号をやり過ごすことができるのか、確信は持てない。チャラとイチゴは去年までのように、家と家の隙間やビルとビルの隙間、物陰で台風をやり過ごす能力と体力があるが、子猫には無理に思える。二匹によって子猫が犬小屋シェルターから追い出される可能性が、厳然として存在する。

子猫を捕獲して一時的に玄関内で保護することも考えたが、捕獲自体が不可能だった現状では、運を天に任せるしかない…。

うちの汚庭に唐突に子猫が出現したことが、もし、人為的な事だったのなら、捨てて行った人は私から呪いと憎しみを向けられないよう、子猫の無事を祈ってほしい。毎朝毎夕子猫の安否を案じて、気配が感じられないだけで不安に襲われるような日々が、どうか明日明後日以降も続きますように。そしていつか、こんな情けない私の姿と思いを昔話として、成長して地域猫となった子猫に話してやれる日が来ますように。   
Posted by 桎梏斎GG桎梏斎GG at 2017年10月28日 23:26
考えてみたら、の、汚庭に子猫を置いていった何処かの誰かも、いろいろ事情があるのに決まっちょる。猫好きだけど、ちぃとだけ力や条件が足らんで、何とかなるかも知れんと思ってウチの庭に泣く泣く置いていったんぢゃろ…。

いつか、大きくなった子猫を里親として迎えに来るのを待っちょるぞい。
Posted by 桎梏斎GG桎梏斎GG at 2017年10月28日 23:47
子猫、生き延びちょりました!!

ぢゃが、びみょーな三角関係の兆しが見えてきちょる…。とほほぃ。
Posted by 桎梏斎GG桎梏斎GG at 2017年10月29日 20:10
米は点検・消毒・承認後、モザイク・P音無しで表示します。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
チャラ(王)
    コメント(4)