謎の、子猫。とイチゴ…。

Posted by 桎梏斎GG at 21:12 2017年11月21日



チャラとイチゴは、家の東側の風雨よけシェルターで夜を過ごしていて、子猫は汚庭の奥の子猫専用防寒小屋で夜を過ごしている、と思っていた。ただ、ここ数日、イチゴと並んで寝ているはずのチャラの姿が見られなくなっていた。イチゴは日中も東側シェルターで寝ていることが多く、チャラは近所の地域猫サポーターさん宅を渡り歩いて、と言うか食べ歩いて、夜だけ東側シェルターに戻って来ていた。

先日、チャラが一晩中いなかった翌朝の給餌時に、イチゴだけが定刻に給餌場所に来て、チャラは他の地域猫サポーターさん宅で軽く食べてきたため遅刻して来て、子猫だけ全く気配が無かったことがあった。東側シェルター付近の飲料水を交換していて、東側シェルター内の段ボール箱の中で眠っている子猫を発見した。イチゴとは違う寝床ではあるが、すぐそばで眠っていたのに私が気付いていなかった。

夕方の給餌前、イチゴは東側シェルターで寝ていて、子猫も段ボール箱で熟睡している。写真を撮ろうとすると、イチゴがシェルターの入り口をふさぐように座り込む。



子猫が目を覚ましたら、イチゴは私をキツい顔でにらみつけてくる。



私が東側シェルターから離れても、監視と警戒を続ける。



子猫とイチゴの関係が良好になったのは良いが、7月初め頃まで給餌時にチャラに近付く私にシャーシャーほえていた頃と同じ表情を向けられるのは、悲しい…。もしかしたら、今回はチャラも、イチゴから冷たい態度を取られて距離を置くようになったのかもしれない。

ただ、子猫の目ヤニは相変わらずで、気になる。子猫専用防寒小屋のほうが寒くないので、東側シェルターから追い出して小屋に誘導する方が体力や免疫力を低下させないのではないかと、思案中。



  


謎の、子猫。その3

Posted by 桎梏斎GG at 02:04 2017年11月08日

11月5日に子猫専用防寒小屋を設置したが、翌6日朝の給餌時には小屋の屋根に乗りツメとぎをする子猫の姿が観測された。後で小屋内を確認すると、入っていた痕跡があった。排尿・排便された痕跡は不明。(臭いは無し)



しかし6日夕方の給餌時には、子猫は姿も声も気配も無い。子猫しか入れない場所に配置した餌は、ほぼ完食。

翌7日朝の給餌時には、昨朝同様、小屋の屋根でツメとぎをしている。このままでは屋根に穴が開くので、対策を講じなければならない。昨夜配置した子猫専用の場所の餌は、完食している。小屋の中は昨日と大きな変化はなく、ちゃんと小屋の中で夜を過ごしているのか、まだ、わからない。



目をショボショボさせているのが、逆光のせいなのか目ヤニが多いのか分からす、少し心配である。



7日夕方の給餌時には、また、姿も声も気配も無し。小屋内の変化もわからない。子猫専用の場所の餌は完食。

相変わらず謎、の、子猫。


  
タグ :地域猫子猫


謎の、子猫。その2

Posted by 桎梏斎GG at 21:23 2017年11月05日

10月6日、汚庭に突然出現した一匹の子猫。誰かが何とかなると思って捨てていったのかもしれない、痩せこけた子猫…

少し、太った。

しかし、「何とかなる」などと都合良く考えることは、できない。新参者の子猫が、既存の地域猫グループに参入できる保証は無い。無駄になるのを覚悟して給餌量と給餌場所を増やし、餌をめぐる争いの可能性を低くしているが、うちの汚庭は、未去勢のノラ猫と、近隣の地域猫サポーターさんたちにも知られた悪名高い未去勢の巨大な飼い猫、通称、白ジャイアンあるいは進撃の巨猫、が侵入して大騒ぎになるのが日常茶飯事で、子猫も巻き込まれかねない。

野生動物の場合、一般的に育児中の母親は発情しないが、よそのオスが来て仔を全て殺すと母親はすぐに発情し受胎可能な状態になる。霊長類でも観察されている。飼養動物でも、牧場で飼われていた犬のグループで、アルファ・メス(群れのメスのトップ)が、下位のメスが生んだ仔犬たちを皆殺しにするのが珍しくないと、本で読んだ記憶がある。

まだ、保護が必要な子猫だが、私が捕獲して保護するには、すばしこ過ぎる。

で、



生協で廃棄処分予定の断熱箱をタダで分けてもらい、カッターで、子猫は出入り出来るがオトナ猫は入れない穴をあけ、



反対側に緊急脱出用の穴がくるように布のガムテープで箱をつなぎ、内側に青いポリウレタンフォームマットを敷き、



マスミヤで安売りしてたペット用マットと毛布(合計400円足らず)と、私の古着や古タオルを中に詰め、



ひさしを付けて、汚庭の奥に設置した。

台風避難用のプラ犬小屋で過ごすよりは、格段に暖かく、しかも、身を守りやすくなったはずである。

あとは子猫が入り込んでくれるのを、期待するしかないが…。
  


謎の、子猫。

Posted by 桎梏斎GG at 00:08 2017年10月29日



そもそも、姿を見せることがほとんど無く、写真は今のところ2枚のピンぼけがあるだけ。



180度振り返ると、つい数ヶ月前まで私がチャラに何か悪さをするのではないかと警戒していた頃と同じ視線で、イチゴが私をにらみつけていた。



写真は苦手だが、これから頑張って、たくさん撮っていきたいと、ツヨク思う。
  


チャラ(王)

Posted by 桎梏斎GG at 23:21 2017年10月26日



チャラ。長年この近辺をうろついていた中年のオス猫。イチゴより数ヶ月前に、近所の別の地域猫サポーターさんの世話で去勢手術を受けて地域猫として再デビュー。
本拠地は持たずにいたが、私がイチゴを地域猫として面倒を見ようと覚悟を決め、イチゴを餌付けして捕獲して避妊手術する過程で、いつの間にか餌場のヌシのような顔をして居座っていた…。
飼い猫だった過去があるようで、汚庭での給餌後は玄関先に出て来て私の目の前に横たわり、触ってくれと甘え鳴きしたりするほど、人馴れしている。



人への警戒心が強いイチゴと、逆に緊張感のカケラもない(と当初は思えた)チャラの世話が、私の地域猫サポーター修行のはじまりだった。




  


イチゴ(姫)

Posted by 桎梏斎GG at 20:32 2017年10月23日




簡単投稿をつこてみた。  

イチゴ(姫)

Posted by 桎梏斎GG at 20:27 2017年10月23日

そもそも、全ては彼女がいつの間にかウチの汚庭に住み着いたのが、始まり。

推定1歳、生粋のノラ。キジトラに白。

6月初め頃は、ガリガリに痩せていた。

クールビューティーすぎて、目付きが鋭すぎて、「てへぺろ」してても誰も気付いてくれない…。



間違えた。ちぅか、実は、画像のアップロードが、うまくいかんのぢゃ。ちぅことで、おあずけ、ぢゃ。
  

さっきの投稿が消えてしもちょる。

Posted by 桎梏斎GG at 22:11 2017年10月21日

なして…

logでなし、ちぅことか?
  

ちぅか、

Posted by 桎梏斎GG at 13:30 2017年10月15日

本当は…

こんなことできる余裕なんかない!!

…はずぢゃったのぢゃが、の。。。

ぼちぼち、書く、の。